スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
ジッツオ三脚 GITZO 2型トラベラー GH2780TQR 購入
これまでベルボンの2万台の三脚を使ってD80で撮影していましたが

風で揺れたり、雲台の不安定さが気になって

大きめの三脚を購入することとしました


選ぶ上での優先順位

①カーボン製、重さが2kgくらいまで 重くて持ち運びが嫌になったら元も子もないしね

②旅行カバンに入るサイズ(50cmくらいまで) 出張のついでに持っていきたいし

③フルサイズカメラ+大口径レンズでも耐えうる耐重量  今後のためにね


何度もネットで調べたり実物をみましたが

日本製は使いやすく、値段が割安だけど、脚だけで結構重い

雲台って結構重い しかもかさばる...

身長153cmの私は長さはいら~ん!!

ってことで、全てを満たすベストな三脚を発見!!


GITZO GH2780TQR

Markinsの雲台に替えるとトータル1.68kg、折りたたんでケースに入れたら長さ44~45cmくらい


USアマゾンで(Markins雲台を除いて)送料合わせて73,258円でした

2型(脚の太い方)三脚の脚と雲台はセット売りのみ

しかしこの元の雲台が限りなくいけてないと散々な評価


お手軽で、それなりに評価の高い、韓国製 MarkinsQ3Tも通販で購入 (2万円台)




ついでにGITZOの1型トラベラー専用キャリーケースGC1201Tも購入

一応入るんだけど、雲台はずさないで入れると 脚が完全に閉まらないので、↑こんな感じになる




これ以上脚がしまらない あ、これはMarkinsQ3Tの雲台に替えたあと





三脚についてない方がGITZOのもともとセットになってた雲台 見た目はかっこいいんだけどね

三脚とセットで、雲台を取り外すのに必要な六角セットとボンドもついていた とっても親切ね!

私みたいな機械おんちな女子でも簡単にとりつけられた





実際純正のセット品の雲台(右)とMarkinsQ3T(左)の比較

セット雲台の方が見た目も大きく、重量430gに対し、MarkinsQ3Tは370gと60gも軽い



雲台の交換には、専用のネジが必要で、この写真に写っているGITZO純正のパーツである、DO1.110というネジを

ヨドバシドットコムで購入しました(980円くらい、送料無料で翌日届きました)


六角レンチでもともとついてるGITZO雲台の基部のちっちゃい六角形の穴にあうレンチをいれてゆるめて


あとはすぽっと外す


太いネジは雲台側に固定されており、ついていってしまうので、このGITZOの別売りのパーツであるネジをさしこんで固定

そこにMarkinsの雲台を入れて固定しました

スムーズに動いて適度な摩擦、いい感じ





最後に雲台をはずして1型のケースに収納してみました。

きついけどちゃんとジッパーが締まります。

これなら持ち運びに便利そう!!


また実際に使った感想は書きこみます





















スポンサーサイト
[2012/02/23 00:59] | 写真 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。